あの 頃 へ 玉置 浩二。 玉置 浩二「あの頃へ」の楽曲(シングル)・歌詞ページ|21606737|レコチョク

玉置浩二 メロディー 歌詞

浩二 玉置 あの へ 頃

。 玉置浩二氏の歌唱力とソングライティング力だけでなく、演奏陣の超高レベルな演奏能力、そして6人目のメンバーとも言われる作詞家・松井五郎氏の詩が合わさることで、日本の音楽史に燦然と安全地帯という名を刻みました。 リズム的にはゆったりしているのですが、 メロディと歌詞と歌声の美しさに聴き惚れてしまい、とてもゆったりとした気持ちで聴いていられません。

13
この曲は当時の僕の心情にとても近くて、ずっと横になりながらこの曲を聴いているうちに、気持ちが少しずつラクになっていきました。

玉置浩二 メロディー 歌詞

浩二 玉置 あの へ 頃

ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 この曲の魅力をここまで表現できるなんてすごいです。 大地は昔ながらの悲痛の叫びで 私をおさえつけている。

6
も是非一度ご覧ください。 ( prussian fuyuka んの投稿動画を使わせていただきました。

『 あの頃へ 』

浩二 玉置 あの へ 頃

シングルにもベストにも収録されていないのが信じられないほど、 美しいメロディです。 若い頃とはまた違い、 大きい愛情で包み込んでくれる様に歌う玉置さんの歌声が心を震わせます。 メロディもさることながら 歌詞も美しく、サビ終わり「悲しくさせるなら みつめない」からの「あなたのその綺麗な瞬きに GOODBYE」が泣けます・・。

2
春の喜びの歌が聞こえるたびに またもや新しく雪がふってくる。 。

『 あの頃へ 』

浩二 玉置 あの へ 頃

」ということがよくあると思いますが、この『 あの頃へ 』は僕にとってそのような曲のひとつです。 ふかい重圧のもとに わが思いはなお屈しており、 不安とうれいと重い仕事のくびきが私を苦しめる。

誰にもいろいろな『 原風景 』があると思います。

『 あの頃へ 』

浩二 玉置 あの へ 頃

当時の自分はこの詩のような状態にあり、ふと、それまでの人生を振り返ったり、生まれ育った田舎の原風景を思い出したりしながら、強烈なノスタルジーを感じていました。 この曲はライブで聴くのが圧倒的におすすめ!特には、大げさではなく、間違いなく音楽史に残るほどヤバいですので必ず聴いてください。

、玉置さんの熱の入り方が凄い。

『 あの頃へ 』

浩二 玉置 あの へ 頃

まとめ. この映像をひとつ取っても玉置浩二さんてすごいミュージシャンだなぁと改めて思います。 最後に、 この曲の演奏動画を共有して終えたいと思います。 そんなある日、玉置浩二さんの『 あの頃へ 』を初めて聴きました。

20
それ以来、 この曲は『 メロディー 』と並んで、玉置浩二さんが歌う曲の中でも特に好きな曲のひとつになりました。

玉置浩二 メロディー 歌詞

浩二 玉置 あの へ 頃

そして、今経験していることが数年後の原風景になっているかもしれません。 この『 あの頃へ 』を聴くと、当時の苦しみと挫折から再び前を向いて歩き始めたときに感じた安らぎとかすかな光を思い出すだけでなく、高層ビルの間を行き交う雲や自宅近くの公園の風景なども思い出します。 生まれ育った田舎がとても好きとか、楽しかった日々をなつかしんでいたとか、そのような心情ではなく、過去に自分が何度も見てきたさまざま風景に、ただただノスタルジーを感じていたのです。

4
詳しくは をご確認ください。 かなり意味深な歌詞ですが、これをどう解釈するかによってもかなり聴き方が変わってきます。

玉置浩二 メロディー 歌詞

浩二 玉置 あの へ 頃

実際の商品の音質とは異なります。

僕は当時東京都内で暮らしていたのですが、仕事での疲労と個人的な悩みで精神的にまいってしまい、一歩も先に進めず、 過去のノスタルジーにとらわれたままの毎日が続いていました。