ポリーニ ベートーヴェン。 ポリーニ・コレクション:協奏曲編~ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームス(8CD)

私の所有盤(ポリーニ)

ベートーヴェン ポリーニ

批評家の本間ひろむさんが書かれた『』(光文社新書)に、「アルゲリッチとポリーニの『名盤20+20』」と題された名盤紹介のコーナーがあります。 近年はショパンなど主要レパートリーの再録音を進めているポリーニですが、いよいよベートーヴェンの再録音に取り組みました。 商品詳細• 1974年、初来日。

5
ただその分力強さはやや増しているとは言えるだろう。

「名盤を探る」第4回 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」演奏の変遷■An die MusikクラシックCD試聴記

ベートーヴェン ポリーニ

一音一 音がくっきりと濁らず、走り出すことなく端正で、湧き出してくるものに素直に従っているようです。

3
吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、54ページ、• その意味するところを彼は、安易なテンポ・ルバートを避けることから来る格調の高さだと解釈することで自身の論を運 んでいます。 この商品を見た方は、他にもこんな商品を見ています. ピアノ・ソナタ 第9番 ホ長調 作品14の1 第3楽章:Rondo. 是非共正規盤としてCDで発売して欲しい歴史的名演である。

ポリーニの「ベートーヴェンピアノソナタ全集」について考える■An die MusikクラシックCD試聴記

ベートーヴェン ポリーニ

それに対してピアノの音はフォルテで軽く明るいのが対照的です。 ただ、全体としての魅力は旧盤に及ばないという事だ。

ピアニストに関しても世界的な超大物と言えば、ミケランジェリとポリーニ位のものである。 ポリーニと盟友アバドの目的認識は一致しています。

マウリツィオ・ポリーニ

ベートーヴェン ポリーニ

:質量(1980)• 澄んだ水面に、くっきりとベートーヴェンの顔が浮かび上がるような《テンペスト》。 粒だった明るい音はそのままで、深い年輪を感じさせる、肩の力が抜けた名演。

ハイティンクが指揮するシュターツカペレ・ドレスデン(SKD)がまず何と言っても素晴らしい。

ベートーヴェン(ピアノ協奏曲第5番)

ベートーヴェン ポリーニ

はったりが抜け落ちて自分の感情に正直、 そこに達成を追わない安寧と回想が混じっています。

部分的にしか聞いていないのでしっかりし たことは言えませんが、新旧ともに表現の方向性は大きく変わってはいないのではないでしょうか。

私の所有盤(ポリーニ)

ベートーヴェン ポリーニ

ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 作品101 第2楽章:Lebhaft,marschmassig. そしてフレーズの途中から急に力が入って盛り上がる自在さがケン プらしいところです。

10
しかし、実は、後期ソナタ集完成当初はともかく、少なくとも1988年から91年の間のどこかの時点で、ポリーニはピアノソナタ全集を録音する意思を持ちつつあったと思われる。

ピアノ・ソナタ全集 ポリーニ(8CD) : ベートーヴェン(1770

ベートーヴェン ポリーニ

古楽ならルバー トではなくて、2音ずつ 伸び縮みさせるノート・イネガルと言わなければならないのかもしれませんが、例の話題になっ た「前のめり奏法」に味わいが似ています。 精神性という言葉が何を表すかはともかく、いわんとすることはよく理解できまし た。 同じくユダ ヤ系でアメリカで活躍し、ショパンを得意としていたホロヴィッツと比べられることも多いようです。

8
その分ベーム~ウィーン・フィルは若干離れた録音に成っており、少々物足りなさを覚える。