アウディ rsq3。 400psの新型アウディRSQ3は2モデル展開

アウディ Q3 新型に頂点「RS」…2.5ターボは400馬力

Rsq3 アウディ

この排気システムは、ディフューザーとグロスブラックの水平ブレードを備えたRS専用バンパーに組み込まれる。 RSモデルらしい専用の内外装 エクステリアは、LEDヘッドライトやルーフスポイラーを標準装備した。 オプションでヒルディセントコントロールやダンピングコントロール付サスペンションも選べる もうひとつ予想外だったのが、乗り心地の変化。

3
リアバンパーに設けられているエキゾーストエンドですが、アウディRSは必ず楕円形になっています。 実際マフラーの中を覗き込むと、その形状は2本出しだったりするんですけどね。

アウディ新型「RSQ3」は マルチな才能を持つ痛快なホットSUV【海外試乗】(くるまのニュース)

Rsq3 アウディ

しかし、この新型Q3は日本には未導入で、2020年の後半に上陸が予定されている。 5リットル直列5気筒ガソリンターボ「TFSI」を搭載する。

3
パワートレインは「RS 3」や「TT RS」などにも採用されてきた2. 5リッター5気筒ターボエンジンが、さらにリファインしていることです。

中身はアウディRSQ3。クプラの強力クーペSUV「フォーメンターVZ」のプロトタイプをキャッチ

Rsq3 アウディ

シングルフレームグリルも専用デザインだ。 アルヴィッツヤウルの試乗コースは、ほとんど対向車がこない緩やかな雪のワインディングで、気がつけば100km/hを超えるペースで走っていくような環境。 150psと250Nmのパフォーマンスで大人4名乗車は決して楽な条件ではなく、そのせいか際立って力強いという印象は抱かなかった。

20
新型「RSQ3」インテリア 新型「RSQ3」のインテリアです。 Sは「Sport(スポーツ)」、RSは「Racing Sport(レーシングスポーツ)」に由来します。

アウディの「RS」とは?「S」との違いや魅力について|車種|ヤナセアウディ公式情報サイト

Rsq3 アウディ

その瞬間は「わずかに重心が高いかな」という印象を受けたが、しばらく走るとその感覚もなくなった。 シンプルだからこそ特に目に留まるのはやはり「RS」モデルのデザインアイコンである「大経口オーバルマフラー」です。

4
クランクケースのアルミ化をはじめ、オイルパン上部もマグネシウムに。

アウディQ3シリーズのトップパフォーマンスモデル「RS Q3」&「RS Q3スポーツバック」が本国デビュー!|SUV・クロカン|Motor

Rsq3 アウディ

後席を格納すると、RS Q3は1525リッター、RS Q3スポーツバックは1400リッターとなる。 私がこれまで試した範囲でいえばTTやQ8がこれに該当し、国際試乗会ではややトルク不足に感じられたモデルが、日本仕様では打って変わって活発に走ることに驚かされた経験があるQ3 スポーツバックの場合も、これと同じであることが強く期待される。 9kgmの最大トルクは、1950~5850rpmで引き出される設定とした。

9
今回はそんな「RSQ3」について詳しくご紹介しましょう。

アウディの「RS」とは?「S」との違いや魅力について|車種|ヤナセアウディ公式情報サイト

Rsq3 アウディ

さらにスポーク部がマットブラックになった、5アームローターデザイン・マットブラック20インチホイールを選択することも可能。

15
そんなアウディRSの魅力やラインナップ、Sシリーズとの違いなどをご紹介します! アウディのモデルタイプ名に付けられるアルファベットの由来についてもお話します。