キンモクセイ 歌詞。 オレンジスパイニクラブ|キンモクセイの歌詞とメンバーのwikiプロフ

オレンジスパイニクラブ キンモクセイ 歌詞

歌詞 キンモクセイ

歌詞 溜まりに溜まって、また迷惑かけて 無邪気が過ぎた僕を叱って ああでもないこうでもない 君に愚痴吐いて生き間に合ってる 坂道の途中でぶちまけたサイダー 襟をつまんで ゆらしてる 生ぬるい風で汗は乾いていく 信号のない十字路 2人で話した 日が暮れるくらい あきれるくらい 信号のない十字路 君は反対方向を見ていたずっと見ていた やっぱビビッときてるよ君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりの初夏の気温は気持ちをとっくにのせてた 最高あんた最高 グッときた心臓ぱんっと割れる 前髪で隠さないで 君はいつも言う 目つきの悪い僕の目みるのは少し斜め ゴミで溢れた部屋で思った 握ってたいのはスマホじゃないあなたの右手だ 言う事は単純だけど今じゃ出来てるアイコンタクト 体温すらも一目で分かる 夏の終わりが寂しいなんてはとっくのとっくに消えてた 最低すら最高 ギュッとなる心臓パッと晴れる ハルが酔ってみているような 黄色っぽい映画のその先を 君の歩いたスピードを 思い褪せて焦っていく空 やっぱビビッときてるよ君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終りの初夏の気温は気持ちをとっくにのせてた 最高あんた最高 グッときた心臓弾け飛んだ やっぱビビッときてるよ君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりが寂しいなんてはとっくのとっくに消えてた 最高 もう最高 グッときた心臓パンっと割れる 溜まりに溜まって、また迷惑かけて 無邪気が過ぎた僕を叱って 作詞:スズキナオト 金木犀(きんもくせい)の 花言葉には「陶酔」や「初恋」という意味があります。

15
冬の空気は 僕の心を 恥ずかしいほど 見透かすくらい 透明だった 真冬の恋が揺れる 星屑の夜空に 飛び出す君 白く吐き出す声に 戸惑うこの部屋を 飛び出す僕 走り出す景色 動き出す恋は 気がつけば 冬の彼方 引き合うはずのNとSが 理屈通りの世界を超えて なぜか離れてゆく 冬の空気は 僕の心を 恥ずかしいほど 見透かすくらい 透明だった 二人帰れない夜 自販機の明かりで話こんだ 同じ場所を探した 涙があふれそうで また走った 寒くていいよ 暗くていいよ 追い風よ彼女の方へ 引き合うはずのNとSが 理屈通りの世界を超えて なぜか離れてゆく 君の温度を飲み干せるなら 夜の空気を振り切るくらい 強くなれるのに 冬の空気は 僕の心を 恥ずかしいほど 見透かすくらい 透明だった 冬の彼方に消えてゆくのは 明ける夜空と飛び出す君と僕の冬の始まり. みだれ髪に しみるようミヤウジヤウ ハルカカナタヘ 見渡せば青く続く信号機が 二人の想いを照らせばいいのにな 明日の僕らは何処にいる? 歌詞中にある『 ぶちまけたサイダー』は、 爽やかな夏の情景と 自身の想いが爆発する様が見事に比喩されています。 これに関しては、金木犀の花言葉が刺さるから。

【キンモクセイ/オレンジスパイ二クラブ】歌詞の意味を解釈!【季節の情景広がる】

歌詞 キンモクセイ

生き間に合っているという聞き慣れない言葉は造語であり「生きるのに十分だ」といった意味を持っているのでしょう。

15
主人公は夏の終わりの初夏の気温にいたはずです。

オレンジスパイニクラブ「キンモクセイ」のヒット理由はTikTok!

歌詞 キンモクセイ

サビ1 やっぱビビッときてるよ 君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりの初夏の気温は 気持ちをとっくにのせてた 最高 あんた最高 グッときた心臓バンっと割れる 「君のイメージ金木犀よ」という鮮烈な歌詞が目立つサビ1。 そして、ここでは主人公の マイナスな面が描写されています。 2019年には下北沢 DaisyBar 公演を ソールドアウ トさせ、着実に人気を博していく彼ら。

5
・褪せる(あせる) =日光にさらされるなどして、もとの色・つやが薄れる。

【キンモクセイ/オレンジスパイ二クラブ】歌詞の意味を解釈!【季節の情景広がる】

歌詞 キンモクセイ

担当:ドラムス、コーラス• まるで世界に2人だけかのような空間で、たわいもない会話から愚痴まで散々と話し続けている2人の状況が目に映ります。 歌手: 作詞: 作曲: 夜明けの街 今はこんなに 静かなのにまたこれから始まるんだね 眠る埋立地 うみべ と 化学工場の 煙突に星が一つ二つ吸い込まれ 沢山並んだ 街の蛍達も 始まる今日に負けて見えなくなってゆく 君とも離れることになる あの高速道路の橋を 駆け抜けて君つれたまま 二人ここから 遠くへと逃げ去ってしまおうか 消えそうに欠けてゆく月と 被さる雲はそのままに 二人のアカボシ 遠くへと連れ去ってしまおうか 橋の継ぎ目と 二人に届く 電波には懐かしいあのメロディーが 聞こえてるかい? 夏の終わりの初夏…なんて一見矛盾しているようにしか感じませんが、おそらくは 夏の終わりである僕らの舞台と初夏のように熱中している僕の想いを比喩しているのでしょう。

2019年:バンド名を『オレンジスパイニクラブ』に改名する。

キンモクセイ 歌詞「オレンジスパイニクラブ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

歌詞 キンモクセイ

そこから時は走り去るように流れていき、秋が顔を見せている今日日。 この楽曲から通して感じられるのはひたすらに夏の情景です。

8
2012年:ザ・童貞ズとしてバンドを結成• 生年月日:1997年2月• それでは回想の中身をのぞいていきましょう。 ・焦る (読み方)あせる 以上で今回の記事は終わりです! ミス・感想・ご意見などありましたらぜひコメントをお願いします。

キンモクセイ むすんでひらいて 歌詞

歌詞 キンモクセイ

スポンサーリンク 歌詞 溜まりに溜まって、また迷惑かけて 無邪気が過ぎた僕を叱って ああでもないこうでもない 君に愚痴吐いて生き間に合ってる 坂道の途中でぶちまけたサイダー 襟をつまんで揺らしてる 生ぬるい風で汗は乾いてく 信号のない十字路2人で話した 日が暮れるくらい 呆れるくらい 信号のない十字路 君は反対方向を見ていた ずっと見ていた やっぱビビッときてるよ 君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりの初夏の気温は 気持ちをとっくにのせてた 最高 あんた最高 グッときた心臓バンっと割れる 前髪で隠さないで君はいつも言う 目つきの悪い僕の目 みるのは少し斜め ゴミで溢れた部屋で思った 握ってたいのはスマホじゃない あんたの右手だ 言うことは単純だけど 今じゃ出来てるアイコンタクト 体温すらも 一目で分かる 夏の終わりが寂しいなんては とっくのとっくに消えてた 最低 すら最高 ギュッとなる心臓パっと晴れる ハルが酔ってみているような 黄色っぽい映画のその先を 君の歩いたスピードを 思い褪せて焦っていく空 やっぱビビッときてるよ 君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりの初夏の気温は 気持ちをとっくにのせてた 最高 あんた最高 グッときた心臓弾け飛んだ やっぱビビッときてるよ 君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりが寂しいなんては とっくのとっくに消えてた 最高 もう最高 グッときた心臓バンっと割れる 溜まりに溜まって、また迷惑かけて 無邪気が過ぎた僕を叱って 作詞:スズキナオト 歌詞の意味・解釈 1番 溜まりに溜まって、また迷惑かけて 無邪気が過ぎた僕を叱って 実はこの歌い出しが楽曲の世界観を構成するのに重要な役割を担っています。

金木犀の甘い独特の香りに由来していて、この甘い香りに【陶酔】して【初恋】の甘い思い出を思い出すということです。

【キンモクセイ/オレンジスパイ二クラブ】歌詞の意味を解釈!【季節の情景広がる】

歌詞 キンモクセイ

『 目つきの悪い目』『 ゴミで溢れた部屋』 冒頭から綴られていた不満を募らせている心。 いま私の頭にえがくのは 紅くてやわらかいくちびる いまあなたはどこにいるのですか? 楽曲について 2018年12月7日にYouTubeでMVが公開され、公開1年半ほどで再生回数は600万回を突破! YouTubeのチャンネル登録者数は4. ありがとうございました!. 溜まりに溜まって、また迷惑かけて 無邪気が過ぎた僕を叱って ああでもないこうでもない 君に愚痴吐いて生き間に合ってる 坂道の途中でぶちまけたサイダー 襟をつまんで揺らしてる 生ぬるい風で汗は乾いてく 信号のない十字路2人で話した 日が暮れるくらい 呆れるくらい 信号のない十字路 君は反対方向を見ていた ずっと見ていた やっぱビビッときてるよ 君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりの初夏の気温は 気持ちをとっくにのせてた 最高 あんた最高 グッときた心臓バンっと割れる 前髪で隠さないで 君はいつも言う 目つきの悪い僕の目 みるのは少し斜め ゴミで溢れた部屋で思った 握ってたいのはスマホじゃない あんたの右手だ 言うことは単純だけど 今じゃ出来てるアイコンタクト 体温すらも 一目で分かる 夏の終わりが寂しいなんては とっくのとっくに消えてた 最低 すら最高 ギュッとなる心臓パっと晴れる ハルが酔ってみているような 黄色っぽい映画のその先を 君の歩いたスピードを 思い褪せて焦っていく空 やっぱビビッときてるよ 君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりの初夏の気温は 気持ちをとっくにのせてた 最高 あんた最高 グッときた心臓弾け飛んだ やっぱビビッときてるよ 君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりが寂しいなんては とっくのとっくに消えてた 最高 もう最高 グッときた心臓バンっと割れる 溜まりに溜まって、また迷惑かけて 無邪気が過ぎた僕を叱って. しかし 「キンモクセイ」のMVが送られてきて、「これやるから戻ってきて」と言われて再加入し、本気でやろうと決心しました。

15
実体験のように綴られていくのに、どこか俯瞰的な歌詞だった理由は、ここにあります。 それでもこの 想いはあの夏の始まりのままだといっているのです。