ピタゴラス 教団。 ピタゴラス教団|哲学と戒律

ピタゴラス|生涯と思想

教団 ピタゴラス

ピタゴラスは紀元前6世紀ころ、文化圏の東辺に位置する、現在の沿岸にある地方ので、宝石細工師の息子として生まれた。 恐らく、ピュタゴラス自身が(もしくはピュタゴラス派の人々が)直感的に抱いた着想なのでしょうが、この論理性のなさは、ピュタゴラス教団が学問を探究する研究所的なものではなく、宗教団体とみなされる原因の一つだと考えられます。 午後は教団運営上の仕事や雑務をこなし、夕方ごろに再び散歩があったが、このときは学習したことを2人か3人で討論しながら行ったという。

18
史料によっては、この事件を次のように伝える。

ピタゴラスの哲学の概要

教団 ピタゴラス

もともとピタゴラスは、若い頃、エジプトやバビロニアへの遊学から帰郷した際、故郷のポリス僭主の独裁に幻滅し、政治に強く目覚めていたのである。 参考文献 [ ]• そして、ピタゴラス教団には教団としてのシンボルマークがあった。 また、ピタゴラス教団自体が秘教的で教えを外部に伝えなかったことだけでなく、ピタゴラスのがやに満ちたものとなっているということもピタゴラス教団の実態を不確実なものとしている。

20
この生活の中には、湿布薬・音楽による治療、肉食の害、友情の美徳、なども含まれていた。 ピュータゴラースとも表記する。

ピタゴラス教団|哲学と戒律

教団 ピタゴラス

以上のことから、ピュタゴラス当人は純粋に宗教的な、もしくは、倫理的な主張のみを展開していた人だと考えるべきでしょう。 彼の数学やについての思想はにも大きな影響を与えた。 万物は数なり [ ] ピタゴラスは紀元前6世紀に、あらゆる事象には数が内在していること、そして宇宙のすべては人間の主観ではなく数の法則に従うのであり、数字と計算によって解明できるという思想を確立した。

ピュタゴラスやピュタゴラス派が主張した学説には、個々の要素をつなぎ合わせる論理性がなく、直感的に抱いたのであろう考えを断片的につなぎ合わせているので、それを「説明する」ということは極めて困難です。 (左)ピタゴラスは人々に真理を教える手段として数学と音楽を重視した。

ピタゴラスとはどんな人?生涯・年表まとめ【定理や功績、宗教結社まで解説】

教団 ピタゴラス

しかしという名の男が反発し、あくまで事実を公表しようとしたため、教団は彼を海に突き落とした。 教団に入信した人々は、共同生活を送るための建物を建て、個人の私有財産を全て教団の共有財産として共同生活を送るようになった。

ピタゴラス教団は特定の数に神秘的な性格を見出しており、その教説の一端がプラトンの『』第10巻の宇宙像に現れているとの指摘 [ 要出典] [ 誰によって? ピタゴラス教団の宗教的な戒律• また、ピタゴラス教団自体が秘教的で教えを外部に伝えなかったことだけでなく、ピタゴラスのがやに満ちたものとなっているということもピタゴラス教団の実態を不確実なものとしている。

ピタゴラス教団|哲学と戒律

教団 ピタゴラス

このような秘教的な仕組みによって、ピタゴラスの神秘性はますます高まり、教団の権威も強まっていくこととなる。 教団は徹底した秘密主義を貫き、教えが記された書物は門外不出とされた。

道理は不滅である。

ピタゴラスとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

教団 ピタゴラス

338• ちょうどこの時代は、反動派と民主派の階級闘争が激化していた時で、後に、ピタゴラス教団があったクロトナでも民主主義派の蜂起があり、教団は襲撃されて多くの弟子が殺された。 そして、滅び行く肉体と不死なる魂を併せ持っている人間は、魂のないものたちよりもより「不死なるもの(神々)」に近いと考えたんです。 基本的に弟子たちは、顕教面の弟子「エクソテリコイ」と、3つの段階を通過した秘教面の弟子「エソテリコイ」に分けられていた。

4
彼は和音の構成から惑星の軌道まで、多くの現象に数の裏付けがあることに気がついた。

ピタゴラス教団|哲学と戒律

教団 ピタゴラス

この資料によると、ピュタゴラスから少し時代の下った原子論者のデモクリトスは、自らの著作の中でピュタゴラスを賞賛し、ピュタゴラスの学説を受け継いだか、もしくは、ピュタゴラス自身でなくてもピュタゴラス派の学説に触れて強い影響を受けたということになります。 当時ギリシアの植民地であったイタリアのサモス島というところで生まれ育ち、その後、ある種の宗教結社のような教団を作ってそのなかで暮らしていたということは確からしいんですが、それ以外の史実ということになると全くもって不明確です。

20
ピタゴラスはみずからの正統的後継者を Pythagoreioiと呼び,それに従う者を Pythagoristaiと呼んだ。 さて、このように見てくると、ピュタゴラスは当時の人から「人並みはずれた優れた人で、宗教的、倫理的な事柄に精通している人」とみなされていたと考えることができるでしょう。

ピタゴラスの哲学の概要

教団 ピタゴラス

彼の肖像や彫像類も、すべて後世の伝聞や想像で作られたイメージであり、実際にどういう風貌をした人物だったかも不明である。 そして常に穏やかで落ち着いた気質を保ち、喜怒哀楽の感情を露骨に表すことはなかった。 寝床から起きるときには、床布を丸めて身体の形の跡を残さないこと• その後、聴聞生は学問生となり、晴れて正式なメンバーとして迎え入れられるわけだが、正式なメンバーになるには特別な入団式を必要とし、「密儀参入の儀式」的な3段階の位階があったのである。

9
英語でいうところのmortalですね。 彼らはピタゴラスの教えを「アクースマタ」という生活信条として生活したという。