しょう れん bl。 B L ♂ U N I O N

Home Sweet Home 21

れん bl しょう

頑張って書いてみますね。 昼は保育士補助として真面目に働く片倉祥一には秘密がある。 無断転載・無断リンクはお断りしております。

12
本当にちっちゃいちっちゃい写真だけど、端っこにぶっ込んできますよね!じぐいわ推しですけど、しょうれんもエモいしエチいです。

「しょうれん」のTwitter検索結果

れん bl しょう

かわいい園児たちから「しょうせんせい~!」と慕われる一方で、夜な夜な出会い系で男漁りをして、一夜限りのセックスを楽しんでいる。 意味の分からない方、 苦手な方はBACKでお願いします。 「あれ、…廉…、、?」 ふと後ろから声を掛けられ涙で顔がぐちゃぐちゃなことも忘れ咄嗟に振り返った 『…しょ、…う…?、ッ』 俺の後ろで心配そうな顔をしている紫耀と目が合った 「廉…お前…、どうしたんだよ…、」 優しく抱きしめてくれて涙が止まらないほど溢れてきた 「とりあえず、、家来るか…?」 俺はそのまま紫耀の家にお邪魔することになった まさかあんな事になるとは知らずに。

12
「く、、あ、、レン、、レン、、っ」 「はぁ、、出して、カイト、、はや、く、俺の中にっ、、カイトの出してぇっ」 「ん、、あ、、レン、、っ!」 「あああっ、、あぅ、、んぁ、、」 「はぁ、、気持ちよかったね、レン」 「気持ちよかったね、じゃねぇよっ、結局三回、さ、さんかい、も!!」 「何自分で言って恥ずかしくなってるの」 「うるさいなぁっ」 「最中、『早く俺の中にカイトの出してぇ』って、可愛くおねだりしてたのに、、」 「、、は?!」 「あれ、覚えてないの?残念だなぁ、、あの時のレン、可愛すぎて俺またレンのこと気絶させちゃいそうになったのに、、」 「し、知らないよ!」 「ふふ、、」 「な、なんだよ気味悪いなぁ、、」 「知ってるよ」 嘘付くとき、必ず下唇噛むクセ。

B L ♂ U N I O N

れん bl しょう

これからも頑張って更新していきますので、 応援宜しくお願いします。 そのまま下半身をレンにこすりつけた。 多い訳では無いんですけど結構いらっしゃるみたいですね。

1
評価、感想、励ましのコメント等頂けると これからの作品の励みになります。

しょう れん bl

れん bl しょう

「、、、なんだよ、せっかく俺が、、」 「何してくれるの?」 「うおおあ!な、なんだよ脅かすなよ馬鹿ッ」 「さっきからずっと後ろにいたのに気付いてくれなかったんだもん」 「だったら俺が呼んだときに返事しろよ!!」 「驚いたレンの顔見たくって」 「い、意味わかんねぇっ」 「で、なにしてくれるの?」 「べ、別に、、」 「ん?」 「別にたいしたことじゃないし、、」 「なんだよー、言ってよー」 「か、カイトがさっきいじわるしたから言わない、、」 「いじわる?俺なんかしたっけなぁー」 「じ、自覚ねぇのかよッ」 「昨日なら、したよね、、こういうこと」 ちゅ 「う、わ、、なんだよいきなり、、ひゃあっ」 「可愛い声、いつもこうやって素直ならいいのに、、」 「悪かったな、、素直じゃなくて!」 「でも怒った顔も可愛い」 「はっ?!」 「ねぇ、ミクとかリンとかと居る時は、、いつもこんなんなの?俺以外にも、そんな顔するの?」 「あっ、、触るなっ、、」 「ね、ちゃんと答えてよ、、」 「か、カイトだけだよ!!好きって思うのもうざいって思うのも、さ、、触ってほしいとか、、、バレンタインにチョコ作るのも、、」 「え、、?」 「あぁ、もう!!調子狂うなぁっ、、はい!!これ!!まずくっても嫌な顔すんなよッ」 ばしっ、と俺の胸に突きつけられる可愛らしいラッピングが施されたチョコレート 「は、早く開けろよ!!いつまでも緊張させんなッ」 「う、、うん」 がさがさっ 「、、これ、レンが作ったの?」 「うん、、誰にも内緒にしたかったから、本見て作ったから、ま、まずいかもしれないけど、、っ!!あ、、」 た、食べた、、 「、、ん、、おいしい、おいしいよ、レン」 「ほ、ほんとに?」 「甘くて、、レンの味がする」 「い、意味わかんねぇ」 ちゅ、、っ 「分かった?」 「~~~ッ!!」 ぎゅうっ 「わ、、」 「、、かった」 「ん?」 「よかった、、」 「ふふ、俺も嬉しい」 「、、っ、、ぜ、ぜったい、、まずいって言われると思った、、」 「俺がレンに冗談でもそんなひどいこと言うと思う?まぁ、実際おいしかったけど」 「、、思わない、、」 「それより、、俺、もう限界なんだけどなぁ」 「は、、?」 抱きしめられたまま、軽く体重を乗せてレンを押し倒す。 ログインやフォロー不要でTwitterに投稿されたツイートをリアルタイムに検索できます。

12
なんか、ねぇ、、レンがちょっとなんかアレで。

しょうれん短編集

れん bl しょう

ただし、話を始めると、1つの自然な側面があります。 もう暫くお待ち下さいね。 見つけて頂き有難う御座います。

妄想BL中・短編第21集。

BL小説 管理人さんの妄想部屋 VOCALOID

れん bl しょう

ログインやフォロー不要でTwitterに投稿されたツイートをリアルタイムに検索できます。

10
で、作者は野外活動から帰ってきたんですが3日間中2日間洪水レベの雨で停電起きて、やることほとんど潰れたんでバスの中でした(最悪) おなじ部屋の人がキンプリとセクゾ好きって分かったので全く面白くない訳じゃ無かったですけどねえへ この御話良い感じなのでがんばります 作者でした•。