スバル wrx 新型。 WRX STIのフルモデルチェンジ情報 EJ20型は受注終了で後継モデルは2022年6月か

次期新型スバル WRX STI デザイン予想CGを入手!次は400馬力超えか!

新型 スバル wrx

さらに、• 新型WRXは「FA型エンジン」に統一される? 続いては「搭載エンジン」の最新情報。

9
【WRX STI】 ・水平対向4気筒2. 新車スケジュールは2020年1月時点で当編集部および流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、各メーカーや新車販売店に取材した結果を反映したものであり、発売日が近づくことによって流動する可能性があります。 2016年に発売した5代目インプレッサから活用されているこの新世代プラットフォームが、いよいよWRXにも採用されることとなります。

スバル新型WRX S4と新型WRX STIのフルモデルチェンジ最新情報!発売時期、外観・内装デザイン、価格等の変更点を予想|MOTOR NAVI

新型 スバル wrx

また、一体感を持って立体的に構築したフロントグリルとホークアイヘッドランプにより水平対向エンジンを表現し、ボディの四隅に配した力強いフェンダーによりシンメトリカルAWDの信頼感をアピール。

20
555台限定の「EJ20 ファイナルエディション」を世に送り出しフィナーレを飾った。 新型レヴォーグは昨年の東京モーターショーで公開ずみ。

スバル 新型 WRX STI フルモデルチェンジ 2021年5月発表し8月に発売

新型 スバル wrx

Bluetooth、「SiriusXM」、オールアクセスラジオ、「TravelLink」も利用できる。 WRX STI 特別仕様車「EJ20 Final Edition」のリヤのエクステリア グレードは「EJ20 Final Edition」とレカロシート・アドバンスドセイフティパッケージを装備する「WRX STI EJ20 Final Edition FULL PACKAGE」の2種類です。

20
しかしこの時点でWRX STIは同時デビューとはならない。 ベストカーの取材による2020年の新車カレンダーを見てみると、新型レヴォーグを筆頭にインプレッサSTIスポーツなどのニューモデルが登場予定だが、2021年はさらに盛り上がりそうな気配が漂っている。

フルモデルチェンジ版・スバル新型WRX S4はこうなる?レヴォーグ顔のデザイン言語でホイールはかなり過激…気になる欧州での販売計画は?

新型 スバル wrx

前モデルはWRX STIが2019年末、WRX S4が2021年1月に販売を終了し、次期型への移行が進められています。 新型レヴォーグは、まず新開発の水平対向4気筒1. 既にアメリカ専売車のアセントに搭載済み。

今年後半に1. 最高出力は320psから400ps、最大トルクは441Nmとなる見込みです。

カーメディアがフルモデルチェンジ版・スバル新型WRXは2021年4月/新型WRX STIは2022年6月にデビューすると報道。テストカーも国内で目撃されていて発表も近い?

新型 スバル wrx

2014年に完全に独立した車種としてWRX STIが誕生しましたが、2019年12月には、EJ20型水平対向エンジンの生産終了に伴い、現行モデルの受注を終了。 そして、2. 購入受付期間は10月24日から11月11日までで、555台限定で販売。 スバルのアイデンティティーであるパワートレーンが、外観デザインで表現されます。

レヴォーグに続いて、いよいよWRXがフルモデルチェンジする見通しが高まっています。

【新型スバルWRX STIは400馬力!!】EJ20の後は新開発の2.4Lターボ降臨!!

新型 スバル wrx

4L 水平対向ターボエンジン 新型WRX S4には、水平対向4気筒で2. とはいえ、STIの名を冠する以上、ピークパワーだけを追い求めるのではなく、アクセルに対するレスポンスや吹け上がりのフィーリング、ピックアップ感など、ドライバーの感性に訴えかける部分を重視したチューニングを進めているという。 これは現行型の1. 一方、変速機に関する最新情報ですが、 現行WRX S4に設定されてる「CVT」が廃止される情報も報じられています。

10
ドライバーからは見えにくい場所にいる車両の検知。 【証言:首都圏スバル店営業担当者】 BRZ、レガシイ、WRX S4の次期型に関する商品情報はスバルから正式に提示されたものはまだない。