ツナ シーチキン 違い。 「ツナ」と「シーチキン」の違いは?<1分でわかる正しい意味>

ツナ(シーチキン)缶の味の違い まぐろVSかつお、どちらが美味しい?

違い ツナ シーチキン

これは、キハダマグロやカツオを原材料としています。 また、メバチマグロは体重が 120kg ほどの大柄な魚で、目が大きいという目立った特徴があります。

9
様子見て、ツナ油を足すと良いです。

「ツナ」と「シーチキン」の違いをあなたは知っていますか?

違い ツナ シーチキン

ツナ缶はマグロ缶 日本で「ツナ」というとツナ缶のように聞こえますが、英語で「tuna」はマグロの意味です。 そのまま使うことも出来るし、ほぐしても使えるので色々な料理にアレンジが可能なオールマイティの缶詰です。 「シーチキン」というのははごろもフーズの缶詰の商品名ですが、日本においては 「ツナ」といえば 「シーチキン」というイメージが強く 「シーチキン」の方がわかりやすいかもしれません。

このようにまとめておくと分かりやすいと思います。

「ツナ缶」と「シーチキン」の違い・意味と使い方・使い分け

違い ツナ シーチキン

水煮の方は切らずに全て使います。 ツナとシーチキンは同じものを意味するように思われがちですが、本当にそうなのでしょうか。

汁が少し残るように、 しっとりめに仕上げましょう。 次回スーパーに行くのが楽しみです。

実は知らない「ツナ」と「シーチキン」の違い

違い ツナ シーチキン

シーチキンとは 「ツナ」と「シーチキン」は同じ意味のように思えますが、「ツナ」がマグロやカツオの身のことを指す一般名称であるのに対し、「シーチキン」は「はごろもフーズ株式会社」が製造・販売するツナ缶の商品名のことです。 最も高級な魚はビンナガマグロ。 魚肉が白いことから、ホワイトミートツナと呼ばれ、ツナ缶の最高級品に位置づけられています。

12
調理の種類として、油漬けと水煮の2種類がありましたが、当然のことですが、油漬けのほうが、水煮の方よりも脂質が多いです。 ツナ缶に使用される部位は 血合いを含まないホワイトミートという淡い色の身の部分が使われています。

「ツナ」と「シーチキン」の違いとは?

違い ツナ シーチキン

「シーチキン」という呼び名は広く認知されているので、 「ツナ缶」=「シーチキン」 というようになっているのが現状です このような、商品名が有名になり、固有名詞として一般に使われるようになるパターンは他にもあります。 だから「ツナ缶とはまぐろの缶詰のことでしょ!」そう思っている方は、半分正解、半分間違いです。

5
原材料はキハダやメバチマグロで、肉色は淡い桃黄色です。 そこで注目したいのは 、「ツナ」と「シーチキン」の違いは何なのかという事。

ツナとシーチキンの違いとは?

違い ツナ シーチキン

シーチキンという商品名は、原料にビンナガマグロが使われていることに由来しているそうです。 上記5つの、n-3,n-6系多価不飽和脂肪酸の含有量を100g当たりで比較し、含有量の多い順に順位を付けてみました。 コンビニおにぎりの名称もそれにならって、はごろもフーズのツナ缶を使っているところは、「シーチキン」を名乗った商品名になっているのです。

20
原材料は上記の4種類ですが、ツナ缶自体は、「 ライトミールツナ」と「 ホワイトミートツナ」の2種類にわけられます。

実は知らない「ツナ」と「シーチキン」の違い

違い ツナ シーチキン

「ツナ」と 「シーチキン」の2つの言葉には異なる意味があり、またツナ缶の種類によって、栄養も変化するのかどうか、調べてまとめてみました。

19
シーチキンがツナ缶の大半のシェアを占めるため、「ツナ=シーチキン」と誤解されやすいが、はごろもフーズ以外のメーカーのツナ缶を「シーチキン」と呼ぶのは間違いである。 (油漬けにしたものや素材をそのままにしているもの、食塩・オイル無添加のものもあります) 違いはシーチキンはカツオを使っていて、油漬けなどに調理にしているという点です。

ツナとシーチキンの違いとは?

違い ツナ シーチキン

「ツナの缶詰」や「シーチキンの缶詰」はスーパーなんかで見かけますよね。

16
きっかけは、はごろもフーズからの、 「シーチキンを是非使ってほしい」 という売り込みです。 ツナ缶で有名なメーカーは他にいなば食品、マルハニチロ、キョクヨー、ホテイフーズなどがあります。