エクセル プルダウン。 【Excel】プルダウンとは? その概要と活用法について解説

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

プルダウン エクセル

Q エクセル2003を利用しています。 エクセルに作ったプルダウンが見つからない。 「選択範囲から名前を設定」にて、地域名の入った 「上端列」にチェックを入れ、OKをクリックします。

1
また、 入力されたデータを他のセルに連動させて選択肢を限定させることも可能です。

データの入力規則でプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成する:エクセル2010基本講座

プルダウン エクセル

これで、当日を基準にリストが変化するプルダウンを作成できます。

別のセルやシートにリストのデータを用意する方法 リストの要素が少ない場合は、直接ダイアログボックスに指定する方が楽だ。 セル範囲B2:B13に「月数」と名前を定義することができました。

【便利機能】エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を編集・連動・解除する方法

プルダウン エクセル

Sheet2のB2:B13に1月~12月と入力しています。

3
エクセルのシートにリストをつくっておけば、後からプルダウンメニューにデータを追加するときに自動で反映させる設定ができます。

超簡単!エクセルでプルダウンを制作する方法【図解付き】

プルダウン エクセル

「設定」タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択• 選択範囲から作成をクリック 「左端列」だけにチェックを入れて、OKをクリック。 既にある別シートのリストを使って設定したり、リストの選択結果を次のリストに連動させたりする方法など、プルダウンを使うためのノウハウを詰め込みました。

今回は、選択肢用のデータは、別のシートに入力してあるので、選択肢用のデータがあるシート見出しをクリックするとシートが切り替わり、[元の値]欄に、そのシートの名前が入ります。 しかし例えば社員数が多い会社の全社員名など、選択肢が多い場合にはそこから目当ての社員名を探すだけで時間がかかってしまいます。

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する方法&応用設定|ferret

プルダウン エクセル

名前を定義した範囲内へセルを挿入してから、データを入力すると、名前を定義した範囲も自動的に拡張されます。 2:入力ミスを防止する 入力規則をあらかしじめ設定しておき、かつ、設定値以外に値が入力された際にエラーメッセージが表示されるようにしておけば、ほとんどの場合入力ミスを防ぐことができます。 その場合には、ドロップダウンリストを設定したときと同じ手順で、選択肢を増やす操作をしていきます。

9
・フォント:フォントやスタイル、フォントサイズの変更、色などを設定することができます。

【便利機能】エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を編集・連動・解除する方法

プルダウン エクセル

OFFSET関数では、=OFFSET(基準となるセル,行数,列数,高さ,幅)を設定します。 また応用として、プルダウンリストに追加する項目が増えたときに、 手作業で追加するのではなく自動的にリストの範囲を調整できるようにすることで手間とミスを防ぎましょう。 「End」キーで、プルダウンメニューの最終列にジャンプします。

16
これで、プルダウンの作成が完了です。 Excel(エクセル)のプルダウンとは? Excel(エクセル)のプルダウンとは、 あらかじめ用意したリストからデータを選択して入力する方法です。

【エクセル】プルダウン設定のシートを複製コピーする方法

プルダウン エクセル

できること1:計算 関数を入れると難しい計算も自動で解いて反映してくれます。 (1)入力時間が短縮できる プルダウンリストはセルをクリックしてリストから選択するだけなので、文字入力が苦手な方も簡単に入力することができます。 記入フォームのために入力規則を使って、 リストによるプルダウン選択をセルに設定しました。

OFFSET関数の第四引数、「高さ」の指定をする時、列全体のデータが入力されているセル数から1を引いた数字を指定する(タイトルも入力されているため)。 「データの入力規則」にてリストを設定することで、プルダウンを簡単に設定することができます。

【エクセル】プルダウンに項目を追加する方法

プルダウン エクセル

step2、step3は「1. 名前を付けて指定 最後に「名前を付けて指定」するやり方で、次のように行います。

5
初歩的なことでしたらお手数掛けて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。 最後に、都市名を入力するセルにカーソルを置き、 「データの入力規則」にて 「リスト」を選択します。