かん と ん ほうけ いと は。 日本産

日本産

は ん いと と かん ほうけ

けはひにくからねば、かきふせて風のすく (*原文「むく」)所にふせたり。 (電話)0494-24-5921• と異なり、通常、いったん開封すると再度を閉める事はできない。 この女のめなはうへゝのぼりにけり。

ほんなのやらぁ あったら。

福井弁・福井方言・福井訛

は ん いと と かん ほうけ

それも、深き心は いかでか知りはべらむ」と申 す。 「後は知らねど、た だ今は、かく、思し離れぬさまにのたまふにつけても、ただ 御しるべをなむ思ひ出できこゆる。

2
堀川は。 お日さん照って、のくとい。

宇治拾遺物語(国史大系) 1/15_Taiju's Notebook

は ん いと と かん ほうけ

」とおそれおもひて、しうの郡司が家へ行むかふ所に、郡司きはめたる相人也けるが、日來はさもせぬにことのほかに饗應 (*「きやうよう・きやうおう」)して、わらふだ 〔円座〕とりいでむかひてめしのぼせければ、 善男あやしみをなして、「我をすかしのぼせて妻のいひつるやうにまたなどさかんずるやらむ。 」とその 連 ( つれ )だったもう一人の、 明座種子 ( あかざたねこ )が意気な姿で、そして膝に手をきちんとして言う。 」とよび給へば、侍二三人いできたり。

嘉祥三年庚午歳四月に后にたゝせ給ふ。

つれづれぐさ(下)

は ん いと と かん ほうけ

引っ込み思案。 ユメかんとくいす [ ] ユメかんとくいすは、「ユメかんとくいす」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』第2巻に収録)に登場する。

平成12年、千葉市立美術館で開催された菱川師宣展のカタ ログ解説によると、その初板本には「延宝七己未年三月吉祥日」の刊記があり、展示された版本には「延宝/絵師 菱川師宣図/板本大伝馬町三丁メ 鶴屋喜右衛門板」の刊記があるという。 気にならない(気にしなくていい) ぬいそー ぬいそぅ ぬいそぅ ひとつ よんでの。

索引「いと」

は ん いと と かん ほうけ

寂しい。

7
死ぬるにまさる恥 なることも、よき人の御身にはなかなかはべるなり。 )のあを 〔襖〕といふ物きて帶して、わかやかにきたなげなき女どものしろくあたらしき桶に水を入て、此釜どもにさくさくといる。

日本産

は ん いと と かん ほうけ

同廿三年みづのとのひつじ、朱雀院むまれさせ給。 さやけきかげをまばゆくおぼしめしつる程に、月のかほにむら雲のかゝりてすこしくらがりゆきけれは、わが出家は成就するなりけりとおほせられて、あゆみいてさせ給程に、こき殿の女御の御ふみの日ころやりのこして、御身もはなたず御らんじけるを、おぼしめしいでゝ、しばしとてとりにいらせ給ける程ぞかし、あはた殿いかにかくはおぼしめしなりぬるぞ。

11
心譽僧正 【 心譽僧正、三井長吏、左馬頭 重頼 (*藤原重輔とも云う。