勇者ラウルなろう。 復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する

落ちこぼれ成り上がり 小説家になろう 作者検索

勇者ラウルなろう

ギルド本部に向かっていたアイズたちは街角で左腕に妙な鎧を装着したベルと出会い、レフィーヤがクノッソスで見た六天使と竜の絵画が、精霊とニーズホッグとのお伽噺を示すものであると知る。

1
ヘスティアは遠征後のドタバタで延び延びとなっていた団員たちのステイタスを更新し、ベルの異常なアビリティ向上に頭を抱える。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

勇者ラウルなろう

その後、部隊の撤退中にアイズは偶然ミノタウロスに襲われたを助けたが、ベルは脱兎の如く逃げ出してしまう。

1
アキから鍵を託されたリヴェリアの妖精部隊はクノッソスを速効で蹂躙し、闇派閥から新たな鍵を手に入れ、ダンジョン12階層の扉を発見した後も進攻を深める。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

勇者ラウルなろう

鍛冶師として、武器は使用者と最後まで寄り添うべきものであると考えており、使用者を残して壊れる魔剣や、さらに自身の鍛冶技術と関係なく血のみに由来して鍛錬できるを憎んでいる。 瀕死のリューとベルはジュラの最期の命令に従ったラムトンにより37階層へ落とされる。 物語開始時のはLv. 僕は幼少の頃からひねくれていて、人が右に行けと言ったら左に行かねば気が済まないような人間であった。

2
無力感と絶望感に包まれた彼は、父から託された家宝『時渡の刀(ときわたりのかたな)』を引き抜く。

サイト案内

勇者ラウルなろう

乱戦の中、が身を挺してレヴィスの剣からを庇い、妖精部隊のエルフたちは衝撃を受ける。 性格のいいヒロインが隣に居たりするのが定番で、主人公が悩んだり苦しんだりしたときに支えてくれるやつです。 外伝11巻 時系列は本編12巻前から本編14巻に相当する。

12
ヘルメスは悔しさを滲ませ、元凶探しに走る。 そこで出会った人魚の異端児の血により全回復したベルは、マリィの案内で引き離されたリリたちの下へ急行する。

俺がパーティーから追放したひよこ鑑定士が、SSSランクになって復讐しにくるらしい

勇者ラウルなろう

アイズは「アリア」について問い質すものの、追い詰められたレヴィスは食料庫に逃げ込み、衰弱したオリヴァスの魔石を喰らって自身の能力を強化する。 シルのデート相手として相応しい紳士とすべく、ヘディン師匠による容赦ない教育がベルに施される。 概要 円形都市とその地下に広がるを主な舞台とした神の眷族が織り成す作品。

14
これまで生きてきたその価値を否定され、その上否定的な選択の末に選んだものが自分の意志として他者に前提されるかもしれないその恐怖と苦痛は、そこに向けて踏み出そうとする足を引っ張る何よりも重い拘束具になるであろう。

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する2

勇者ラウルなろう

自身の力を不思議に思いながらも、ケイルは亜人の力も悪くないと考え、それを利用し始めた。 フレイヤは魔法を得て輝きが増したベルの更なる成長を望んでおり、ファミリアの団長との会話から、ベルの成長を妨げている原因がミノタウロスへのトラウマにあると考え、ベルがトラウマを克服するための舞台の準備をオッタルへ命じる。 二人となったレフィーヤとフィルヴィスは退路を探索する中で、六天使と竜の絵画が飾られた広間でタナトスと出会い、タナトスと闇派閥の真意を知らされる。

6
巨蒼の滝を昇ったアンフィス・バエナによる起死回生のダイブで戦況が一変するが、重傷を負った命が自爆覚悟で水中から魔法を放ってアンフィス・バエナを抑え、桜花が命の魔法による勢いを借り、その片首を切り落とす。

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する / 原作/斧名田マニマニ 漫画/坂本あきら コンテ/半次 キャラクター原案/荒野 おすすめ漫画

勇者ラウルなろう

勇者候補生を育成する名門学校『カルネアデス王立異能学院』で、"元"『異能殺し』のトーヤは、落ちこぼれのレッテルを張られていたのだった。

18
ステイタスは59階層への遠征を経てLv. そこで、バルカの呪道具で武装したヴァレッタが率いる暗殺者から襲われ、その狙いが自分であると気付いたレナは暗殺者たちを引きつけるためにベートから離れ、ヴァレッタはベートを足止めするためにリーネたちの殺害ついて挑発的に暴露し、ベートの怒りが許容範囲を超えたことを察して一時撤退する。 田舎で2人暮らしをしていたの死後 、異性との出会いを求めて冒険者となるべくオラリオを訪れる。

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する 1

勇者ラウルなろう

本編 第二部 ベルの仲間となる者たちのヘスティア・ファミリアへの集結などが描かれる。 地上では、一度は地下に逃げ込んだ石竜が再び現れ、衆目の前でベルと対峙する。

アイズは消耗戦となりつつあるレヴィスとの戦闘で、さらに自身の黒き復讐心に頼ろうとするが、そこにベルの鐘の音が響き渡る。 それは自分の心の中の問題でしかないのかもしれないし、栄光や達成からはもしかしたら程遠い答えなのかもしれない。