東海 梅雨 明け。 東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2021年はいつ?

梅雨明け予想2020年【東海】

明け 東海 梅雨

【追記】令和元年は6月7日ごろ梅雨入りと発表がありました。 令和元年も平年より1日早い梅雨入りとなりました。

5
平年:7月21日ごろ• また、69年間の東海地方の梅雨明けの平年時期は7月21日頃。 関東甲信地方で梅雨入りが発表された6月11日からきのう7月31日までの降水量は、東京都心で472. 静岡暮らし・話題の記事一覧• ここに掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

【表】静岡県を含む東海地方の梅雨入り・明け 2000年以降|静岡新聞アットエス

明け 東海 梅雨

」というように 印象 ( いんしょう )が 違 ( ちが )います。

19
愛知県 以上の4県が含まれています。

東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2021年はいつ?

明け 東海 梅雨

2019年:7月24日ごろ 引用元: 直近5年では東海地方は2017年・2018年は平年よりも早く梅雨明けとなりましたが、それ以外の年はやや早めの梅雨明けでした。 2019年の東海の梅雨入りは6月7日ごろと発表 2019年の東海の梅雨入りは6月7日ごろと発表がありました。 夏の高気圧に覆われても湿った空気の影響を受けやすいため、安定した夏空とはならず、ゲリラ豪雨の発生が心配です。

比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、 確定値は9月に結果を再検討して修正された後に決まります。

4連休は広い範囲で梅雨空 連休明けにようやく梅雨明けの気配

明け 東海 梅雨

愛知県 以上の4県が含まれています。 もともと、東海地方は台風の通過場所となることも多く、 山岳地帯では冬になると豪雪になることからも 気候の変動は激しいようです。 高気圧が予想ほど強まらず、梅雨前線が居座る可能性も残っています。

この先の予想は今後も変化がありますので、最新の情報を確認するようにしてください。

【表】静岡県を含む東海地方の梅雨入り・明け 2000年以降|静岡新聞アットエス

明け 東海 梅雨

一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。

4
「-」は、梅雨入り梅雨明けの時期がはっきりしなかったため、特定しなかった場合を表します。 令和2年の梅雨入りと梅雨明けの確定値はもしくはをご覧ください。

【表】静岡県を含む東海地方の梅雨入り・明け 2000年以降|静岡新聞アットエス

明け 東海 梅雨

ここに掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 2021年 令和3年 東海地方の梅雨明け時期を予想! 一方、東海地方の梅雨明けの時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータを参考に考えてみると、 最も早い梅雨明けは1963年の6月22日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。

また8月に入ってから梅雨明けした年は68年間で2度であり、こちらもとても珍しいことがわかります。

東海と関東甲信 梅雨明け 平年より11日遅く(日直予報士 2020年08月01日)

明け 東海 梅雨

梅雨入りのタイミングに一ヶ月半以上の開きがありますが 、 193年の5月4日は、群を抜いて早いです。 2015年:7月24日ごろ• 6月、8月に東海地方が梅雨明けする確率はかなり低いと言えるでしょう。 これらのデータから当サイトでは2020年の東海の梅雨明けは7月15日から7月25日ごろであると予想します。

11
2018年:6月5日ごろ 引用元: ここ数年は平年よりも早く梅雨入りする傾向があります。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東海地方の最も短い梅雨期間は1951年、1958年、1960年の20日でした。

東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2021年はいつ?

明け 東海 梅雨

また平均値を表す黒線が右上がりになっていることから 東海地方の梅雨明けの時期は年々遅くなっているいる傾向が確認できます。 ここに掲載した期日は、検討の結果、統計値として確定したものです。 2021年 令和3年 東海地方の梅雨入り時期を予想! それでは2021年の東海地方の梅雨入り時期を、 気象庁の過去データから予想してみます。

・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定できなかった年は除外)の日付です。 静岡県• 東海地方や関東甲信地方は、向こう一週間は、晴れる日が多い見込みです。

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

明け 東海 梅雨

どうしてこんな 表現 ( ひょうげん )になったかということですが、そもそも 梅雨 ( つゆ )は気象学的には、 梅雨 ( つゆ )前線が日本 付近 ( ふきん )に横たわり、 季節現象 ( きせつげんしょう )として 現 ( あらわ )れるものです。

6
また、雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしています。