デカドロン。 デカドロン錠4mgの効果・用法・副作用

デカドロン注射液3.3mg

デカドロン

筋肉内注射• 甲状腺機能低下• 満月様顔貌・肥満(ステロイドによる脂肪細胞の増殖および水分を体内に取り込む作用で起きます。

9
動揺関節の関節腔内• 糖尿病 ステロイドが筋肉や脂肪を燃やし血糖値を上昇させます• 急性湿疹• 結核性疾患の患者[免疫が抑制されるため]• 65mg、1日1~3回• 産婦人科疾患..卵管整形術後の癒着防止。 その他、禁忌までは行かなくても気を付けた方が良いとされている疾患は、• 成年性浮腫性硬化症• ウェーバー・クリスチャン病• びまん性• 結核性疾患• 前立腺癌• 動揺関節の関節腔内• 全身性真菌感染症• 気管支喘息 薬疹 関節リウマチ 薬物アレルギー 白血病(総論) 重症筋無力症 全身性エリテマトーデス(SLE) 多発性硬化症 気管支炎 ネフローゼ症候群 微小変化型ネフローゼ症候群 デカドロン注射液3. 原則禁止• 急性・慢性中耳炎、滲出性中耳炎・耳管狭窄症、メニエル病およびメニエル症候群、急性感音性難聴、血管運動(神経)性鼻炎、アレルギー性鼻炎、花粉症(枯草熱)、進行性壊疽性鼻炎、喉頭炎・喉頭浮腫、耳鼻咽喉科領域の手術後の後療法、 嗅覚障害、 急性・慢性(反復性)唾液腺炎、 副鼻腔炎・鼻茸、 喉頭ポリープ・結節、 食道の炎症(腐蝕性食道炎、直達鏡使用後)および食道拡張術後• デカドロンなどのステロイドを処方する場合は多くの場合、「背に腹は代えられない」ほどの治りづらい、もしくは急いで治さないと危ない病気になります。

◆◆ 前立腺がんに対するステロイド治療の効果と副作用 ◆◆

デカドロン

一方でデカドロンを使用する場合は、抗癌剤の吐き気止めなど代わりとなる薬がない場合が多いです。

脳浮腫• 1.2. 感染症<有効な抗菌剤の存在しない感染症・全身の真菌症を除く>の患者:免疫抑制作用により、感染症が増悪するおそれがある〔11. 10). 皮膚:(頻度不明)ざ瘡、多毛、脱毛、皮膚色素沈着、皮下溢血、紫斑、皮膚線条、皮膚そう痒、発汗異常、顔面紅斑、紅斑、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・皮膚脆弱化、脂肪織炎。 ブドウ膜炎の対症療法• 眼窩炎性偽腫瘍の対症療法• 結節性紅斑• その代表がコルチゾルです。

デカドロン(デキサメタゾン)の副作用と安全性

デカドロン

1.1. 〈効能共通〉投与に際しては特に適応、症状を考慮し、他の治療法によって十分に治療効果が期待できる場合には、本剤を投与しないこと。 出生前のデキサメタゾン投与はCAHの臨床的診断に先立って実施されるので、しばしばを巡る論争のテーマとされて来ている。

12
類天疱瘡• 13). 血圧降下剤[これらの薬剤の作用を減弱させるおそれがある(機序不明)]。 服用が長めになると、にきび、むくみ、生理不順なども起こります。

デキサメタゾン

デカドロン

脊髄蜘網膜炎 [* *筋肉内注射]• 4). フェニトイン[本剤の作用が減弱することが報告されている(フェニトインがチトクロームP450を誘導し、本剤の代謝が促進される)。 抗悪性腫瘍剤(シスプラチンなど)投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐) [静脈内注射、点滴静脈内注射]• 皮膚白血病• 結節性動脈周囲炎• 耳鼻咽喉科領域の手術後の後療法 [静脈内注射、点滴静脈内注射、筋肉内注射、軟組織内注射、局所皮内注射、ネブライザー、鼻腔内注入、副鼻腔内注入、鼻甲介内注射、喉頭・気管注入、中耳腔内注入、食道注入]• 実際の伝え方の例としては、患者さんの状態と医師の処方意図をふまえて 「体を少し楽にしてくれる薬」「食欲を上げてくれる薬」といった表現で説明しています。

19
関節リウマチ• 注: ( 斜体 は錠剤のみ、 下線は注射剤のみ) デキサメタゾンの効果は多くの場合1日以内に見られ、3日程度継続する。

メモ : がん患者の倦怠感や食欲不振にはデカドロン(ステロイド)が効果的?

デカドロン

副腎性器症候群 [* *筋肉内注射]• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 しかし硬質コルチコイドの作用が弱いため、浮腫や満月用顔貌、高血圧の頻度は他のステロイドに比べて低いです。 脂肪 外用薬について全米皮膚炎学会によれば、の危険性を医師と患者は知っておくべきで、効力に関わらず2-4週間以上は使用すべきではない。

10
5). HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル)[本剤のAUCの上昇あるいはこれらの薬剤のAUCが低下するおそれがある(チトクロームP450に対して競合する可能性があり、また、本剤がチトクロームP450を誘導することより、これらの薬剤の代謝が促進される可能性がある)]。 結核性疾患• 強皮症 [* *筋肉内注射]• 〈本剤全身投与の患者〉ダクラタスビル塩酸塩投与中、アスナプレビル投与中。

デカドロン錠4mgの効果・用法・副作用

デカドロン

• 9). 血液:(頻度不明)白血球増多。 顆粒球減少症• 6). 脂質・蛋白質代謝:(頻度不明)満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝。 視神経の炎症性疾患の対症療法• 喘息性気管支炎• 薬物相乗作用 [ ] デキサメタゾンをに併用すると、オンダンセトロン単剤で用いた場合よりも術後悪心・嘔吐の予防効果が高い。

18
これらの薬剤の血中カルシウム低下作用が増強される可能性がある。