デュエマ 青 緑 ジョーカー ズ。 【速報】超発表! デュエマプレミアム殿堂入り、殿堂入りカード!! さらに、殿堂解除カードも大公開!!

ドロマー?クローシス?デッキカラーのまとめ【デュエプレ・デュエマ】

ジョーカー 緑 ズ 青 デュエマ

S・トリガー系列は基本的に除去効果を持っているので、『手札に溜まって手札事故だった』というのも逆転の一手にしてくれる他、『ハンデスにも強い』という面も注目したいところでもあります。 まず《Code:1059》や《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》などの青を採用した【ラッカドラグナー】が台頭。

フィニッシュは《腐敗勇騎ドルマークス》を使ってランデスしたり、《奇天烈 シャッフ》で呪文を止めながら殴ることになる。 CS日記ブログYattaleman ボルバルザックでの確実な勝利 掃除後は必殺技で勝てるように頑張ります。

【2018年最新版】ジョーカーズ【CS優勝デッキレシピ・回し方・解説】

ジョーカー 緑 ズ 青 デュエマ

・《DG-パルテノン ~龍の創り出される地~》がメタカードとしての威力を発揮している。 洗脳センノー このデッキでのメタカード。

11
生き物を選べないのはなかなか辛い。 【デュエマプレイス】最強デッキランキング【デュエルマスターズプレイス】 (154)• 相手ターン中という制限があるもののドギラゴン剣の革命チェンジやデッドゾーンの侵略などは召喚ではないため封じることができます。

【デュエプレ】最強デッキランキング|All Division

ジョーカー 緑 ズ 青 デュエマ

・また同じく新殿堂の影響を受けなかった【青白ナウオアループ】については、むしろ《魂と記憶の盾》の殿堂解除が強化と捉える見方もある。 直近ではドラグナーの台頭が向かい風。 Tier2 Tier2:特定のTier1デッキに対して有利だったり、或いはTier3以降のデッキに総じて有利だがTier1に対して不利だったりするデッキ。

16
マナ色も補える。 ・《勇者の1号 ハムカツマン蒼》を使ったタイプの【デイガドラグナー】と、《Code:1059》を祭用した【ラッカドラグナー】の覇権争いは現状ではややラッカに分があるか。

【デッキ】青零緑ジョーカーズ

ジョーカー 緑 ズ 青 デュエマ

なんと《ジョリー・ザ・ジョルネード》がバトルゾーンにいる限り、自分のジョーカーズは 全てブロックされない! メタリカやオーラのデッキ、あるいは水のウェイブデッキとかにも結構ブロッカーが入っていたりするからこの能力は超優秀だね! ただしこの能力では「攻撃曲げ」や、 「攻撃中止」は突破できないことに注意! 青単?青緑?青赤? 今後のジョーカーズは、• コロナウイルス影響下でも漫然と環境を支配しつづけた【4cデイヤーループ】も遂に解体され、「ポストデイヤー」の座を各デッキが争うことになった。 手に取ると邪魔になりますが、受け取るカードが少ないので4投。

5
期にはを獲得。 ポクちんと選択。

【ジョリー・ザ・ジョルネード デッキ】大会優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|青ジョーカーズデッキ

ジョーカー 緑 ズ 青 デュエマ

色を混ぜすぎると色誤差が発生する恐れがありますので、3色、最大4色で好きな色を作ってみましょう。 153• 効果に新しいマスターjトルネードを内蔵したカードで自分のジョーカーズクリーチャーを戻したらそのままバトルゾーンに出てくる上にGR召喚を3回行えるという面白い効果を持っているわ。

山札の上から3枚を見て無色カード1枚につき、自分のクリーチャー1体のブレイク数を増やします。 551• めちゃくちゃ簡単じゃないか!! あるいは3ターン目に出すのを《ガチャダマン》にすれば、GRで出なければならないラインがコスト5ではなく4となるから、 《ゴッド・ガヨンダム》 《鋼ド級 ダテンクウェールB》 《Mt. 《ジョリー・ザ・ジョルネード》の登場時能力がとんでもない! なんとGR召喚を3回も行うことが出来るぞ! これで手札に戻したクリーチャーのぶんが、そのまま補充されるような感じだから全く損がない!! 即座に攻撃可能 《ジョリー・ザ・ジョルネード》は水のクリーチャーだから、当然火文明の特徴であるスピードアタッカーは持っていない。

【デッキ】青零緑ジョーカーズ

ジョーカー 緑 ズ 青 デュエマ

こちらも《熱き侵略 レッドゾーンZ》を失っているものの、《正義の煌き オーリリア》の呪文封殺やマジボンバーによる展開力を得たことでそれを補っている。

1
現状では純正ループの他、《時の法皇 ミラダンテXII》を使ってフィニッシュする形も見られる。 QX》が【青白ギャラクシールド】などに強く、《ヘブンズ・フォース》からの登場で《爆熱天守 バトライ閣》を牽制出来るところもプラス。