サピエンス 全 史 文庫。 『サピエンス全史』の著者に聞く「人類滅亡」の現実的シナリオ(ユヴァル・ノア・ハラリ)

サピエンス全史図解(詳説版)|きょん|note

全 史 文庫 サピエンス

ebookjapanはヤフー株式会社のサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社イーブックイニシアティブジャパンと協力して運営しています。 しかし、特定の地域の特定の時代だけに注意を向けていると、歴史の長期的なプロセスを見逃してしまいがちです。 ダーウィンの進化論の自然淘汰の視点では、キリンの首が長くなった理由を太古の競争のおかげと考える。

4
認知革命の詳細は記事後半で説明します。

『サピエンス全史』を読む前に読む

全 史 文庫 サピエンス

しかし、紀元前2000年にはその数は数百となった。

10
ジャンルでさがす• jpg","A002117346","B00162117346","B001621173460001","O2100053570161. 以上です。 まとめると以下の図のようになります。

【図解:3分で解説】「サピエンス全史」のまとめと感想

全 史 文庫 サピエンス

農業革命 次に解決する問いは「数百人レベルの集団から、どのようにして数千人レベルの都市や国家を形成できるようになったのか?」です。

9
夜、資本主義が産声をあげ、つい1時間前に産業革命が起きて、1秒前にインターネットが生まれた。 批評性を持って読むと我々と西洋的個人主義の差を認識することのできる良著です。

全人類の必読書『サピエンス全史』をどう読むかーー入門&解説書発売!著者来日時の裏側を語るエッセイを特別公開|Web河出

全 史 文庫 サピエンス

」「文化的多様性と領土の柔軟性のおかげで、帝国は独特の特徴を持つばかりでなく、歴史の中で、自らの中心的役割も得る。 今日の午前中に文字が書けるようになり、お昼過ぎに貨幣を使って生活を始めた。

14
そう、ハラリ氏は原則としてヴィーガン(肉や魚ばかりでなく、卵やチーズ、牛乳などもとらない人)なのだ。

サピエンス全史 上 :ユヴァル・ノア・ハラリ,柴田 裕之|河出書房新社

全 史 文庫 サピエンス

社会主義の人間至上主義 ホモ・サピエンスという種全体を平等に• 今日でも、人間の組織の規模は150という数字がおおよその限度として当てはまる。 それならば!」ということで、いつもの通り図解を試みてみました。

12
1万2千年前に起きた農業革命は、狩猟時代から農耕時代へと移行する革命であって、単位面積当たりに得られる食物は増え、人類の数は指数的に増えた。 jpg","B00180927880","B001809278800001","R6100040917361A. そして、読んだ人が個々人で考えているのも勿体無い。

【落合陽一 徹底解説・前編】「サピエンス全史」続編から見える日本の勝ち筋

全 史 文庫 サピエンス

しかし、オスマン帝国も清帝国も、そんな事業に関心を払いませんでした。 ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• では、有名ビジネス書や新刊本、新技術の要点を図解で簡単に説明します。

この状態は主観的であるよりも優れており、 客観的であるよりも劣っているとみなされる。 軍事史や中世騎士文化についての3冊の著書がある。

サピエンス全史(上) 試し読み増量版

全 史 文庫 サピエンス

また暦から種まきの時期をそろえたりする必要もあります。 「第一に、脳は容量が限られている。 ホモ・サピエンスがそれらを栽培化したのではなく、逆にホモ・サピエンスがそれらに家畜化されたのだ。

2
だが、帝国を選ぶ人は、増加の一途をたどっている。 ここは1つのクライマックスで歴史家ハラリが本領発揮するパート。

【最新刊】サピエンス全史 上下合本版

全 史 文庫 サピエンス

いまでは当たり前の単語「進歩」が生まれたのだ。 訳書にブオノマーノ『バグる脳』、コスリン/ミラー『上脳・下脳』、リフキン『限界費用ゼロ社会』、ファンク『地球を「売り物」にする人たち』など。 例えば、昆虫のハチやアリも多数協力するがそれは近親者に限られるし、行動も進化のプログラムの中でしかなく、柔軟性は劣る。

19
第二次世界大戦中の1942年6月、日本がアラスカ州アリューシャン列島のキスカ島とアッツ島を占領したのです。 大きなパズルの小さなピースを見ているだけでは答えにたどりつけないこともあるのです。

全人類の必読書『サピエンス全史』をどう読むかーー入門&解説書発売!著者来日時の裏側を語るエッセイを特別公開|Web河出

全 史 文庫 サピエンス

48カ国で刊行され、発行部数200万部を超える歴史書では類を見ない本だ。 」「私たちの眼前で生み出されつつあるグローバル帝国は、…多民族のエリートに支配され、共通の文化と共通の利益によってまとまっている。

19
450ビュー• しだいに多くの人が、特定の民族や国籍の人々ではなく全人類が政治的権力の正当な源泉であると信じ、人権を擁護して全人類の利益を守ることが政治の指針であるべきだと考えるようになってきている。 06発売予定 著 訳 東洋の港で船長番として働く男を暗い過去が追う。